2015年クラブ祭は2月25日から28日まで4日間、白馬東急ホテルを宿舎として白馬八方尾根スキー場で70名が参加して盛大に行われました。

白馬山麓スキー場でのクラブ祭はクラシックスキークラブとして初めてです。「アルプスの迎賓館白馬東急ホテル」の落ち着いてゆったりとしたエントランスが我々を迎えてくれました。初日はホテルから咲花ゲレンデまでホテルが用意したタクシー・ワゴン車にて移動し開会式を行いました。70名が9班に分れて自由滑走を開始しました。

2日目は殆んどの班が白馬ゴンドラで兎平テラスへ上がり、上級班は更にアルペンクワッド、グラートクワッドを乗り継いで八方池山荘まで上がったが、残念ながらガスがかかり北アルプスの雄大な景色を楽しむ事が出来ませんでした。

3日目はチャーターしたバス2台で白馬47・五竜スキー場へ出掛け、視界は悪かったが新雪の感触を楽しみました。クラブ祭最後の夜は懇親会で、男女隣り合わせに着席し、旧交を温め合いました。宴酣となった7時半頃からは、地元安曇野松川村の和太鼓「響岳太鼓」の生演奏が始まりました。

最終日4日目は、白馬の女神が我々に微笑んでくれたのか快晴となり、白馬ゴンドラとリフトで兎平上部へ上り、雄大な北アルプスの景色を楽しんだ後、リーゼンコースをメインに八方尾根の滑りを堪能しました。
大雪(に恵まれた)中での集合写真
実施報告
2015年度クラブ祭
2015年2月25日-28日
クラブ祭実行委員
参加 70名